【2018年最新!】今動画マーケティングに取り組むべき理由とは? 最新の動画市場について徹底解説!

マーク
こんにちは!

スマート動画ラボのマークです!!

 

動画市場は、注目を集めながらも、実際に取り入れ活用する企業がまだまだ少ない分野です。

インターネットで動画の占める割合は年々増加の傾向にあるのに、企業が足踏みしてしまうのは、非常にもったないです。

 

そこで、今回は、最新の動画市場について解説します。効率よく取り入れて、売り上げを作っていきましょう!

 

 

動画マーケティングとは

7c53d1ca0fc6a671c8c8a4bb671f6425_s

 

動画マーケティングとは、企業PRや自社ブランドの紹介に動画を取り入れるマーケティングの1つです。

 

近年、動画を取り巻く環境が大きく変わり、WiFi、スマホの普及によって外出先でも動画を視聴することが簡単にできるようになりました。

これまで動画を見ることは特別なイメージでしたが、身近になることで親しみやすくなり、インターネット上、特にSNSでの動画の普及は目を見張ります。

 

動画マーケティングの重要性

動画マーケティングが拡大している背景には、スマホが関係しています。

スマホは、ネットでのショッピングから各種料金の支払いまで、いまや生活に欠かせないものです。

サイバーエージェントの調べでは、2020年に動画市場は2,000億を突破すると言われています。そして動画視聴に使用されているのがスマホで、動画広告を見ることが圧倒的に多いとされています。データの分析からも動画マーケティングのさらなる発展に、スマホは欠かせません。

 

インターネットでのトラフィック(流通量)が伸びているなら、利用する手はありません。そして、「見てもらう」、「コンバージョンさせる」、そのために、動画の技術を駆使してさらに開発を進めていくことで、動画市場全体のクオリティも上がります。

 

娯楽イメージだった動画も、ビジネスに活用できるという認識へと変わり重要視されるようになりました。

 

マーク
将来性のある市場は、いち早く取り入れたいよね! 

 

動画マーケティングの活用法

ユーザーにとって、動画が気軽に視聴できること、そして動画から多くの情報を入手できることが、動画マーケティングの魅力の一つです。

 

活用法は様々ですが、いま最も注目される方法はSNSでの拡散です。

企業アピール・集客・広告をただネット上に配信するだけでは、マーケティング方法として正しい方法ではありません。狙うターゲットを決め、ターゲットが多く集まる場所や時間を特定することが必要です。

 

でも、SNSには、すでに多くのユーザーが利用しているので、ターゲット層が集まる場所を開拓する必要なく動画を見てもらえます。さらにリサーチすることもできます。

 

Facebook・Instagramなど、どのSNSを活用するかもポイントです。動画マーケティングにおけるSNS活用は外せませんね。

 

動画マーケティングのメリットデメリット

動画マーケティングを活用することで、どんなメリットとデメリットがあるのか、確認してみましょう!

 

メリット

1.短い時間で豊富な情報量

動画は、見ているだけで十分な情報がユーザーに伝わります。文字を読むより早く、1分間に180万言語分にもなるといわれます。

 

短い動画の中に、商品の説明や文章では分かりづらいことも内容も、理解してもらうことができます。

 

2.低コストでも作れる

動画は簡単に制作することができます。パソコンだけでなくスマホでも可能なので、ハードルはとても低いです。広告費に予算が取れない個人事業主でも作れますね。

画質など内容にこだわるなら、専用のソフトもあるので、より好みの動画を作ることができます。

 

3.検索エンジンにて上位表示される

動画は、検索エンジンで上位表示されやすいとされています。

良いコンテンツがたくさんある中で、動画が上位表示されやすい理由は、情報量の多さです。先述したように文章を読むより見ることで得られる情報量の方が圧倒的に多いと評価されているからです。

 

デメリット

1.動画に関する知識がない

動画は簡単に作ることはできますが、ほとんどの企業に専門とする部署や人間がいません。そのため、外注に依頼することもしばしば。依頼して制作してもらうにも、知識がないことで十分な打ち合わせもできないことがあります。

 

動画での見せ方、制作費や時間がどれくらいのものになるのか?経験者または専門家がいないと、希望するような動画を作ることができないのです。

 

2.動画の分析と対策ができない

動画配信後にデータ分析をするまでの時間がなかったり、新たな対策ができないことがあります。

 

マーケティングの分析や対策には時間もかかり人材の確保も必要です。大企業であれば十分に対応することができますが、個人事業主や中小企業では、そのための人材を確保するだけの費用がありません。WEBマーケティングにおいてこの作業ができないと、せっかく動画を作っても成果が得られません。

 

マーク
流行に遅れて、ビジネスチャンスを逃したくないなー

 

動画マーケティングで売上を作るポイント

PAK85_deskshiryou20131223_TP_V4

動画マーケティングに取り組むなら、やはり結果を求めます。一番求めるのは、「売上」です。そのために必要なポイントを抑えておきましょう。

 

1.興味を引く動画を作る

ターゲットはもちろん、偶然見た人にも「これ何?気になる!」なんて思ってもらえることが、全てのスタートです。

そんな動画を作るために、必要なデータと人材を集めましょう。

 

2.ターゲットの目に止まる拡散方法

どんなに良い動画を作っても、ターゲットの目に止まらなければ、売り上げには繋がりません。そのためには、どこで動画を配信するのかは重要なことになります。

 

拡散には、活用法でもご紹介したSNSのユーザーを狙ってください。ただし全てのユーザーへではなく、ターゲットをピンポイントに狙います。例えば、Facebookなら動画を配信する地域・性別・年齢を設定することができます。

データ分析もできるので、対策が立てやすくなります。

 

3.コンバージョンを明確にする

ただ動画を見てもらうだけでは、売り上げにはなりません。

この動画を見てくれたユーザーに「何をしてほしいのか」を明確にしておきましょう。そして、コンバージョンへと誘導するために必要なことを動画に取り入れてください。もし配信後にコンバージョンへの成果がみられない時は、どこか改良するポイントがあります。検証してください。

 

動画マーケティングが生まれた背景

動画市場に変化を起こしたのは、やはりスマホとWiFiの普及が大きく影響しています。

どの世代にもスマホはコミュニケーションに欠かせないものになっています。動画のやり取りもその一つです。共有して楽しむのは普通のこととなっています。そして、それを手軽るに楽しめるようにフォローしているのが、WiFiです。移動時間や隙間時間に動画を楽しむことを可能にしています。

 

ユーザーが動画を楽しむということは、そこに市場があり需要があるということです。ここに着目して動画マーケティングは生まれました。

 

マーク
電車の中や待ち時間に動画は欠かせないよね!

 

動画マーケティング導入事例

企業や個人事業主で、すでに動画マーケティングの分野において成果を出しています。

動画にインパクトがあることはもちろんですが、構成にいくつか特徴があることが分かります。

 

・自社製品とターゲット世代に響くものとコラボする

・商品の使用法についてのハウツー

・ユーザーが参加している(アイディアまたは出演)

・アニメで親しみやすい

・ストーリー性を持たせる

 

共通していることは、企業側よりユーザーが望むものを動画にしていることです。企業アピールでも商品紹介でも、それを知って、手に入れることでどんな価値が得られるか?ユーザーを引き付けるのはココです!

 

動画マーケティングの未来

b6eddda46ce9c32ab3a48c43a0fb44d3_s

 

動画市場は今後も右肩上がりに伸びていきます。

文字を読むより静止画を見るより、短い動画でも見ることで何倍もの情報をユーザーは得ることができます。そして、動画が良いコンテンツとして検索エンジンにおいて評価が高くなると、ランキングの上位表示とともに認知度も上がります。

 

一個人においても簡単に動画が作れ、ユーザー同士がコミュニケーションとして動画を活用しています。より良い動画を撮ることを考えれば、機材を求める声も増え購入を考えます。動画マーケティングが盛り上がることで、互いに相乗効果が生まれます。

いま、子供達のなりたい職業に「YouTuber」とあるように、動画はますます身近なものとなっているのは間違いありません。

 

いまは思いつかないようなことでも、動画マーケティングの未来には期待したくなるような要素がいっぱいですね。

 

まとめ

いかがですか?

今回は最新の動画市場についてご紹介しました。

 

スマホを利用して動画を見ることがいつの間にか当たり前になったように、動画を取り入れたマーケティングもさらに増えていきます。

 

需要がありながら、まだ取り入れられない背景には知識や人材不足があります。動画をどう活用したらいいのか、分からないままになっている企業もあるはずです。

社内での体制を整え、本格的にマーケティングに動画を活用するようになれば、ビジネスチャンスは広がります。

 

動画マーケティングは、「YouTuber」という職業に驚いたように、また新たな流行が生まれることが期待できる魅力ある市場ですね。

 

マーク
みなさんも

動画づくりの参考にしてください。 Have a nice movie!!

動画で集客やマーケティングを成功させる方法

動画を使った集客の方法を無料でプレゼントしています。

今すぐ手に入れて、あなたの動画戦略に役立ててください。

動画で集客やマーケティングを成功させる方法
動画で集客やマーケティングを成功させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事