集客とマーケティングの違いとは? 大人気セミナーを作る4原則

「有益であるはずの商品やコンテンツが、思うように売れない」といったときは、集客やマーケティングの方法に問題がある可能性があります。

この記事では、集客とマーケティングの違いや方法について解説しています。

 

価値のある商品が売れない本当の原因

「時間をかけて作り込んだセミナーなのに、なぜか人が集まらない」「価値のある商品なのに、なぜか売れない」といったことはありませんか。

多くの時間をかけて作成した商品やコンテンツの販売を開始しても、誰も購入してくれないどころか、誰からも反応がないことがあります。

このようなとき、商品やコンテンツに価値がないと落ち込んでしまうかもしれません。しかし、商品が売れない本当の原因は商品の内容そのものではなく、「集客やマーケティングの方法」が正しくないことの場合もあります。

例えば、あなたが傘を売りたい場合、雨が降っている地域と日が照っている地域では、どちらが売れるでしょうか。

もちろん、答えは雨が降っている地域です。つまり、まったく同じ商品であっても売る地域や人、価値を伝える方法によって、その商品が売れるかどうかが変わってくるということがあります。

 

 

集客とマーケティングの目的と違い

集客とマーケティングの方法を解説する前に、それぞれの目的と違いについて解説していきましょう。

よく「集客とマーケティングは同じ」という勘違いがあります。いずれの最終的な目標も「顧客が商品を購入すること」です。

しかし、集客とマーケティングは似て非なるもの。

この2つの違いを理解しないままに商品の販売を続けていると、思うように売上が伸びなかったり、お客様が集まらなかったりするなどの問題が発生してしまいます。まずは、集客とマーケティングのそれぞれの目的を明確にし、違いについて理解しましょう。

集客の目的は、「顧客をあなたの商品・コンテンツでひきつけて集めること」です。

集客とは、ターゲットである顧客層に響くメッセージを届けることで、商品やコンテンツを買いたいと思ってもらうための手法を集客といいます。

一方で、マーケティングの目的は「顧客に商品を購入してもらうための下準備」です。

要するにマーケティングとは、商品やコンテンツの開発から、実際に顧客がその商品を購入するところまでの一連のプロセスを指しています。ここで使っている顧客とは主に4種類に分けて考えることができます。

1. 潜在顧客:まだあなたの商品を知らない顧客

2. 見込み顧客:あなたの商品を知っているが購入していない顧客

3. 新規顧客:あなたの商品を新たに購入した顧客

4. リピート顧客:あなたの商品を何度も購入する顧客

マーケティングとは1から4へ顧客を成長させるものだともいえます。

そして、集客とは商品を知らなかった潜在顧客から、商品を知っている見込み顧客へ成長させる部分のことです。

つまり、集客はマーケティングの流れの一部分ということです。

「マーケティング=集客」と勘違いしてしまっていると、マーケティングのプロセスにある集客以外を行うことができません。

その結果、商品やコンテンツが思うように売れない可能性も出てくるでしょう。

 

集客で顧客をひきつける3つのポイント

まずは、マーケティングの一部分である「集客」についての詳細についての解説です。集客の目的である「顧客をあなたの商品・コンテンツでひきつけて集めること」を達成するために、注意しておきたい3つのポイントがあります。

 

誰のための商品か

1つ目のポイントは、「あなたの商品やコンテンツを誰に購入してもらうか」というものです。上述した傘を売る例でもあったように、天気がいい地域の人ではなく天気が悪くなり雨が降り始めた地域の人に傘は購入されます。

あなたの商品を魅力に感じ、本当に求めている人が誰であるかを考えましょう。

どの媒体を使うか

2つ目は、顧客を集客するために「どのメディア媒体を使うか」というポイントです。

集客に使える媒体は、新聞やテレビ、SNSへの広告、ウェブコンテンツなど、さまざまなものがあります。

たとえ、雨が降っている地域であっても、テレビという媒体を使って集客していては、家でテレビを見ている人は傘を購入しません。

この場合、コンビニのガラスへの張り紙などの、傘を求める人が見る媒体を使うことがおすすめです。顧客となる人が、よく使う媒体を調査して、その媒体を通じて商品やコンテンツの情報を広告していきましょう。

 

マーケティングの4つのステップ

次に、マーケティングについて詳しく解説していきます。

マーケティングの目的は、「顧客に商品を購入してもらうための下準備」でした。つまり、マーケティングとは「市場調査」「商品開発」「集客(広告宣伝活動)」「関係維持」までの一連のプロセスを、計画して実行し、管理することを指します。

ここでは、マーケティングを4つのステップに分けて解説します。

 

市場調査

顧客に購入される商品にするには「市場調査」を行い、顧客が求めているもの(ニーズ)を知ることが大切です。

アンケートやヒアリングを行ったり、統計データを調べたりするなどして定量的な情報と、顧客の感情などの定性的な情報の両方を把握しましょう。

商品開発

顧客のニーズが把握できたら、そのニーズを満たす商品・コンテンツを開発していきます。

物や情報が簡単に手に入る現代社会において、顧客が本当に求めるニーズをしっかりと満たすことができる商品だけがヒットすることができるのです。

開発した商品に価値がなければ、売上を上げることができないので、入念に開発することをおすすめします。

また、すでに商品があり簡単に再開発できない場合は、市場調査を行いターゲットとする層を変更するといいでしょう。

集客(広告宣伝活動)

市場調査を行い、そこで把握したニーズを満たす商品が開発できて、初めて集客を行います。

上で紹介した「誰に」「どの媒体で」「どんなメッセージ」の3つのポイントを意識して、広報宣伝活動を行いましょう。

関係維持

集客によって、あなたの商品に魅力を感じてせっかく集まった顧客が離れていかないように関係を維持することが、商品の購入につなげるためには重要なことです。

あなたの商品やコンテンツに関心を持ち、購入したいと思った人でも、時間が経つと忘れてしまったり欲しくなくなったりする可能性があります。

だからこそ、一度集客できた顧客との関係を維持することが大切です。メールアドレスなどの連絡手段を手に入れておいて、頻繁に連絡をしておくことをおすすめします。

また、最近ではメールのみではなくLINE@や、その他のSNSなども活用することで関係を維持することが簡単に低コストでできるようになっています。

 

集客とマーケティングで大人気セミナーへ!

「良い商品・コンテンツという自信があるのに、購入されない」という悩みを解決する糸口になったのではないでしょうか。

あなたの商品やセミナーを大人気にするために、ぜひこの記事を参考に集客・マーケティングを行ってみてください。

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。

今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事