YouTubeにアップロードした動画が歪んでしまう、ゆれてしまう!の解決策

みなさんこんにちは!
スマート動画ラボの谷田部敦です。

 

 

スマート動画づくりセミナーの参加者は
毎日スマホで動画
つくり続けている方も多く、
とっても継続力があります!

 

 

今日は、参加者からでてきた以下の質問

お答えしたいと思います。

————————————–

YouTubeに動画をアップロードすると

なぜか動画が歪んでいたり、
ゆれているようになってしまうんです。

————————————–

 

 

1.YouTubeにアップロードした動画が歪んでしまう、ゆれてしまう!の原因

ずばりこの原因は、
YouTubeのスタビライズという
手ブレ補正が機能してしまい、

 

手ブレしていないところも、
間違って補正してしまうことが原因です。

 

 

2.YouTubeにアップロードした動画が歪んでしまう、ゆれてしまう!の解決策

2-1.何故、手ブレ補正が機能しているのか

確かに最近は、

歪んでいたりゆれていたりする動画を
見ることがたまにあります。

 

 

これは、
YouTube Captureという
iPhonenのアプリを使って
動画をアップロードする場合、

 

YouTube Capture

 

最初の設定で、自動的に
スタビライズがONになっているからです。

 

 

YouTube Capture スタビライズ

 

 

2-2.解決方法

スタビライズをオフにすることによって、

動画のゆがみは消すことができます。

 

 

タイトルを入力して
アップロードする際に、
スタビライズをOFFにしてください!

 

 

まとめ

YouTube Capture

とても便利なアプリです。

 

 

せっかく使うのであれば

動画が歪んだり揺れたりしないよう

「スタビライズをOFF」するのを

忘れないようにしましょう!

 

 

これだけで問題解決ですね。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

Have a nice movie!! 

動画初心者のためのYouTubeの教科書プレゼント

 機械がすごく苦手な方でも大丈夫!

 

「世界一簡単なYouTubeの教科書」をダウンロード。

 

YouTubeの教科書

 

 

よく読まれている記事