なぜ、アニメーション動画広告はあなたのビジネスに必要なのか?

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

 

この記事は、こちらを元に作成しています。

http://www.jeffbullas.com/2016/07/12/need-animated-explainer-video-business/

 

アニメーション動画広告は、マーケティングにおいて、とても効果的な方法と言えます。そのアニメーション動画広告は、一体なぜ効果的なのかをここで詳しくみていきましょう。

 

Nielsen Reserchの調べによると、一般的な動画広告において、人は動画広告を、それ以上観るか、観ないかをはじめの10秒で決めるといわれています。そのため、動画広告は、はじめの10秒が最も重要だと言えます。動画広告を作る時は、このことを踏まえて作るようにしましょう。

 

アニメーション動画広告 マーケティング

 

なぜアニメーション動画広告は効果的なのか?

では、ここで心理学的に、動画広告は視聴者にどのような影響を与えるかを見てみましょう。一般的に、広告への関心は、20%の人が、 聴いた情報を覚えており、10%の人が、読んだ情報を覚えているという結果が出ています。

 

さらに、聴くことと、読むことを同時にすることによって、80%の人が情報を覚えていることがわかっています。動画広告は、ただ文字を読むだけの広告よりも、60,000倍も優れているということになります。

 

このことからもわかるように、アニメーションを使った動画広告は、文章を観ることと、聴くことを同時に出来るので、情報を短い時間で、よりクリアに伝えることができるのです。さらに、アニメーションを使うことによって、視聴者にインパクトを与え、はじめの10秒がより魅力的なものになるのです。

 

 

先ほどお話したように、はじめの10秒をインパクトのあるものにするのなら、アニメーションを取り入れるととても効果的になるのです。

 

 

最新動画広告の傾向

Ciscoでは、2014年から2019年までの動画広告の傾向を発表しました。調べがはじまった2014年には、すでに67%ものマーケティングで動画広告が使われていました。さらに2019年になると、80%もの動画広告が使われるとされています。

 

 

この結果からもわかるように、単なる付属品として、マーケティングに動画広告を使うのは、やめなくてはなりません。動画広告は、多くの人に親しまれるとても便利なツールなのです。

 

 

さらに、2014年から2015年の動画広告に関する調べから、以下のようなことが明らかになりました。

動画広告視聴者は、普通の広告を見た人に比べて、1.6倍もの人が商品を購入し、購入を考えている人が、動画広告を観ることによって、96%もの人が購入を決めるということがわかりました。さらに、商品の説明動画を観た73%の人が、動画視聴後に商品を購入しています。

 

また、74%のB2C(Business-to-Consumer)マーケティング、92%のB2B(Business-to-Business)マーケティングで、動画広告が使われています。

 

ソーシャルメデイアにつかわれている動画広告は、文字だけの広告に比べて、1200%以上シェアされています。このことから、ソーシャルメディアにおいて動画広告は、特に重要だと言えます。

 

 

なぜアニメーション動画広告でなければならないか?

アニメーション動画広告が優れている大きな理由は、一体どのようなことなのでしょうか。

 

ここに、アニメーション動画広告が、重要視されている例をいくつか見ていきましょう。

 

・アニメーション動画広告は、プレゼンが難しい商品や、プロモーションビデオなどに適しています。アニメーション動画広告は、あなたのウェブサイトの活性化にも、一躍かってくれます。アニメーションを使うことによって、クリアでシンプルに理解することができるのです。どのような情報でも、アニメーション動画によって、ビデオ視覚化できるので、アニメーション化されていない動画よりも有利になります。

 

 

・アニメーションで、キャラクターなどが使われた動画は、特別な雰囲気を生み出します。これらは、視聴者に、より大きな感情の変化を与えます。プラスの感情が起こる場合、より印象に残りやすくなります。

 

 

・アニメーション動画広告は、台本のリミットがありません。実際の人を使って、空を飛んだり、ダンスをしたりなどするのには限界があります。しかし、アニメーション動画広告を使えば、ダンスをしたり、歌を歌ったり、様々なコスチュームを着たりなど、動画を作るにあたり、無限の選択肢が生まれます。

 

 

アニメーション動画広告を使った実例

アニメーション動画を使って成功した、「Dropbox」のマーケティング例があります。2010年のDropboxユーザーは、0だったのに対し、たった5年で1億人にも達しました。そんな素晴らしい成長を遂げたDropboxの広告には、アニメーション動画広告が使われました。

 

 

この時のキャンペーンで使われた、アニメーション動画広告が、マーケティングに大きな変化をもたらしました。この時Dropboxは、一ヶ月750,000回ヒットという数字を叩き出しました。さらに、訪問者のうち約100万人が登録しました。

 

アニメーション動画広告 マーケティング

 

出典 http://www.jeffbullas.com/2016/07/12/need-animated-explainer-video-business/

 

 

アニメーション動画広告を使う理由

アニメーション動画広告を使うと、より多くの人に視聴してもらえるので、より多くの売り上げが期待できます。さらに、多くの人に視聴してもらうことができれば、サーチエンジンでランクが上がります。

また、アニメーション動画広告は、文字や絵で覚えることができるのでマーケティングメッセージを覚えやすい特徴があります。このようなことから、顧客に興味をより持たせることができるのです。

 

アニメーション動画広告は、いいことばかりで魅力的なマーケティング手段の一つと言えます。

 

 

まとめ

ここでは、「なぜアニメーション動画広告はあなたのビジネスに必要なのか?」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

現在、あなたの会社で、アニメーション動画広告を使っていますか?

もし、あなたの会社で、まだ使っていないのなら、ここでご紹介した例を、ぜひ参考にしてみてください。今まで伸び悩んでいた、動画広告のシェア数が増えることでしょう。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

 

Have a nice movie!!

よく読まれている記事