心理学的に理解する、値段を表示するのに効果的な9つの方法

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

 

この記事は、こちらを元に作成しています。
https://www.quicksprout.com/2016/08/22/9-psychological-insights-i-use-when-designing-a-pricing-page/

 

 

ウェブサイトを作る上で、商品を購入できるページを、心理学的に理解して作ると、売り上げが上がることをご存知ですか?

 

 

ここでは、そんな心理学的に分析して、商品購入ページをデザインする時に気をつけたいことをまとめてみました。ウェブサイトをデザインする時に、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.お金の価値を下げる

カジノでおなじみのラスベガスのオーナーは、お金の価値を下げて、顧客にうまくお金を使わせる方法を知っています。

 

 

例えば、テーブルをセットする時に、チップをお金と交換します。それはなぜだと思いますか?そこには、いくつかの理由があります。一つは、ディーラーにとって、数えやすいことと、もう一つは、カスタマーがお金をたくさん使っている感覚を、忘れさせることにあります。カスタマーは、チップを使うと、簡単にお金を使ってしまうのです。

 

 

また、レストランのメニューに関する調査を、the Culinary Institute of Americaが行いました。一つのメニューには、$(ドル)を値段の隣に記載し、もう一つには、$(ドル)を記載しないメニューを用意しました。その結果、$(ドル)を記載しないメニューを使ったグループの方が、$(ドル)を記載しているグループに比べて、多くのお金を費やした結果が出ました。

 

 

それは一体なぜでしょう。それは、$(ドル)サインを見ないことによって、お金の価値を高いと感じなかったからなのです。

 

 

そのほかにも、下記のような、$(ドル)を小さく表示したページも効果的です。

 

 

img_0403

出典  https://www.quicksprout.com/2016/08/22/9-psychological-insights-i-use-when-designing-a-pricing-page/

 

 

人は、$(ドル)の文字を見るとお金のことを思い出します。そこで、商品購入時に、お金の価値よりも、その商品のバリューを考えさせる必要があるのです。

 

 

このように、心理学的に考えると、$(ドル)のサインについて考え直すことによって、商品購入ページが、より力強く効果的なものになります。

 

 

2.カラーコーディネート

US National Library of Medicine and National Institutes of Health indicatesが、色の用途の違いを表す調査をしました。その結果によると、特定のブランドのロゴには、特定の色が使われていることがわかりました。

 

 

値段 心理学

出典 https://www.quicksprout.com/2016/08/22/9-psychological-insights-i-use-when-designing-a-pricing-page/

 

 

もし、あなたの会社を立ち上げる予定があるのなら、その雰囲気にあった色を取り入れることをお勧めします。

 

 

そして、商品購入ページにおいて、商品名はシンプルな黒、買い物かごに入れるボタンは目立つ色を使うと、良いとされています。例えば、アマゾンでは商品名は黒、買い物かごに入れるボタンは、黄色を使っています。

 

 

3.サイズ

商品購入ページにおいて、サイズも大きなポイントになります。

 

 

値段 心理学

出典 https://www.quicksprout.com/2016/08/22/9-psychological-insights-i-use-when-designing-a-pricing-page/

 

 

ページを見たときに、はじめに見えるのは何でしょう。1番目立つのは、「$400 /mo」ではないでしょうか。これは、ページの中心にあり、背景が灰色に対して、明るい青が使われており、他の項目に比べて大きくなっていることがわかります。そうです。この大きさが、ポイントになっているのです。

 

 

このことを心理学的に説明すると、ページの中心にあり、より大きく表示されていることによって、邪魔をされることなく、簡単に探すことが出来るので、1番に目がいくということになります。

 

 

4.時間制限があるオファー

心理学的に、人はタイムリミットがあると、遅れてはいけないという感覚に取られ、より早く購入を決めたくなります。eBay(イーベイ)やGroupon(グルポン)は、常に販売期間が表示されています。この表示によって、購入を決めるきっかけを作ります。

 

 

さらに、Amazon(アマゾン)が取り入れている、在庫の数を表示しているのも、よい例になります。

 

 

5. VIPメンバー

人々は、会員になることが好きです。メンバーになることによって、VIP になりたいという感覚になるのです。ユーザーは、VIPになることによって、特別なオファーでさらにお金を費やすのです。

 

 

6.定期購読はいつくかのプランを提示

いくつかのプランを提示することは、心理学的にみても、とても効果的だと言えます。
定期購読を、数種類のプランから選べる方法は、現在多くのページで使われています。

 

 

ユーザーは、定期購読をすることは、長い目でみるとお金がセーブ出来ます。そこで、最もお得な方法を見出すことができるのです。

 

 

7.特価品

特価品を表示することによって、人々の購入意識を促します。ブラックフライデー(アメリカにおいて、感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日に、大きなセールが行われること。)が、その例にあたります。低価格で商品を購入するために、人がサイトに訪れれば、もっと高い商品や、他の商品を購入することも多く見られるのです。

 

 

この時、全てのページには、「お勧め商品」「似た商品」を表示します。このことにより、特価品ばかりではなく、個人に合ったものを見つけることができるようになるのです。このことからもわかるように、ブラックフライデーは、ただ特価品を買わせるだけではないのです。

 

 

また、セールの時によく、$14ではなく、$13.99というような端数が使われます。これは、たった1ペニーの違いでも、購入者にとって、より安い錯角を生ませるために使われています。

 

 

8.はじめに「イエス」と言わせる

特価品を選ぶ時に、似たようなものを並べ、見比べることによって、より気軽に購入を検討することができます。

 

 

その時に、似たようなプランの中に、無料プランがあると、顧客は気軽に検討することができるのです。そして、その後、顧客が戻ってくるきっかけを作るのです。

 

 

9.選択肢を与えすぎない

先ほどもお話ししましたが、商品の選択肢を提示して、ユーザーがそれらを選べることは、とても効果的な方法だと言えます。

 

 

そのことを踏まえて、カスタマーがテレビを購入する時に、保証書、ケーブル、それに付属するDVDプレイヤーなどの付属品の選択肢を与える方法があります。

 

 

この方法を使うと、そのほかの売り上げにも繋がります。しかし、ここで気をつかけなければならないことは、多すぎる選択肢を与えては逆効果になってしまうということです。

 

 

まとめ

ここでは、「心理学的に理解する、値段を表示するのに効果的な9つの方法」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

ウェブサイトを作る上で、値段を表示する方法を、工夫することによって、同じ商品やサービスでも、その売り上げが上がるのです。ここで説明したことを踏まえて、今後の数字表示の方法を工夫して、マーケティングに役立ててみてはいかがでしょうか?

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

 

Have a nice movie!!

 

 

動画初心者のためのYouTubeの教科書プレゼント

 機械がすごく苦手な方でも大丈夫!

 

「世界一簡単なYouTubeの教科書」をダウンロード。

 

YouTubeの教科書

 

 

よく読まれている記事