YouTubeチャンネル紹介文の魅力的な書き方

マーク
こんにちは!

スマート動画ラボのマークです!!

 

YouTubeチャンネル紹介文書けない!!」という人、多いんです。

 

自分のことを紹介するといえば、自己紹介が代表的ですが、自己紹介も苦手な人って多いですよね…。

 

「自分のものを他人に嫌味っぽくなく、売り込みっぽくなく、魅力的に紹介するのって難しい!」

 

そんなあなたのために、今回は、YouTubeチャンネル紹介文魅力的な書き方をご紹介します!

参考にしてくださいね。

 

YouTubeチャンネルの概要書いてますか?

チャンネル概要は書かないともったいない!

YouTubeチャンネルの紹介文と言いましたが、今は「概要」という表示になっています。

 

youtubeチャンネル,概要,説明文,紹介文

 

この部分の文章量が圧倒的に少ない人がいますが、とってももったいないです!

 

 

概要を書くことでチャンネル登録者数が増える

あなたのYouTubeチャンネルのトップにきて、概要を読む人の多くは、こんなことを考えて訪れています。

 

「あなたのことをもっと知りたいです!」

「動画から来ました!他にはどんな動画を作っているんですか?」

「検索から来たけど、求める動画があるか知りたい…」

「最新の動画を見たいけど、配信スケジュールはある?」

 

概要を読む視聴者=あなたの動画のファンになる可能性高い視聴者」ということなのに、概要欄に説明がないばかりに、チャンネル登録者になるはずの視聴者を逃しているかもしれないんです!

 

逆にいうと、概要欄に適切な文章を書き込むことであなたのチャンネル登録者数増やすことも可能だということですよ。

 

 

YouTubeチャンネルの概要はどこにある?

概要=以前の紹介文

YouTubeチャンネルの概要は、以前の紹介文のことです。

 

youtubeチャンネル,概要,説明文

 

YouTubeチャンネルのトップ画面で「ホーム」「動画」「再生リスト」「フリートーク」の隣にあるのがそうですね。

 

 

YouTubeチャンネル概要の設定方法

YouTubeチャンネルの概要を設定する方法についてご紹介しますよ!

 

YouTubeにログインし自チャンネルへ

概要を編集するときは、YouTubeログインして概要欄にある「編集ボタン(ペンマーク)」をクリックするだけ。

 

youtubeチャンネル,説明欄,書き方

 

概要に入力できる文字数1000文字

概要を編集することで、SNSショートカットアイコンを最大5つまで追加することができますよ!

 

 

YouTubeチャンネルの概要で必ず設定したい3ヶ所

YouTubeチャンネルの概要で必ず設定したい場所は3ヶ所

 

1.チャンネルの説明

チャンネルの説明は必ず書きましょう!

「どんな動画」「どんなスケジュール」でアップロードしているのかの情報はあった方がいいですよ。

 

人気の動画へのリンクがあってもいいかもしれないですね!

 

マーク
紹介文は最初の30文字何のチャンネルかわかるようにするのがポイントですよ!

 

2.問い合わせメールアドレス

YouTube動画をビジネスツールとして使用している場合は、ビジネス用の問い合わせメールアドレスが必要です!

 

「問い合わせしたいのに…コメント欄しか情報入力フォームがない…」

「こんな仕事をお願いしたいのに…問い合わせ先が見当たらない」

 

という事態を防ぎましょう。

 

3.チャンネル登録を促す一文

チャンネル登録者数を増やしたいなら、チャンネル登録を促す一文は絶対に必要です!

「チャンネル登録してください」という言葉があるのとないのでは、「チャンネル登録をしよう」と考える視聴者の数に大きな差が出ます!

 

『チャンネル登録して、毎日最新の動画マーケティング情報をゲット!』

のような簡単な一文で大丈夫ですよ。

 

 

まとめ

YouTubeチャンネル概要の書き方についてご案内しました!

あなたの動画見るだけでなく、チャンネルトップまで来てくれる視聴者は、あなたのファン予備軍です!

 

視聴者に「こんな情報が欲しかったんです!ありがとう!」と言ってもらえるコンテンツは、概要のような細かい部分でも提供することができますよ!

 

YouTubeチャンネルの概要を積極的に活用して、あなたのYouTubeチャンネルの登録者を増やしましょう!

 

 

マーク
みなさんも動画づくりの参考にしてください。 Have a nice movie!!
動画を使った
集客の方法を
無料でプレゼント
今すぐ手に入れて、あなたの
動画戦略に役立ててください。
PDFをダウンロード

よく読まれている記事