誰もが読みたくなるような7つのEメールタイトル

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

 

この記事は、こちらを元に作成しています。

http://www.jeffbullas.com/2016/10/04/7-eye-catching-headlines-thatll-get-emails-opened/

 

 

近年、ソーシャルメディアを利用している人が急激に増えています。その理由として言えることは、手軽で便利に使える事があげられます。その一方で、Eメールを使っている人も多く見られます。しかし現在のEメールには、ソーシャルメディアのような情熱はありません。

 

 

Eメールタイトルを心理学的に理解する

Eメールタイトルをつける時に大切なことは、相手を操作するのではなく、相手を誘惑することです。それを踏まえて、影響力があるタイトルをつけるためには、興味があることをストレートに伝えることが大事です。それによって、相手に「メールを読みたい」と思わせるきっかけを促すことができるのです。

 

では、一体そのきっかけを促すこととは、どのようなことなのでしょうか。実際、きっかけを作ることは、相手によって異なります。そのため、メールを送る時には、ターゲット別に、メールリストを作る必要があります。

 

 

それぞれのターゲットによって、「違うものを必要としている」「違う問題点を抱えている」「違う趣味を持っている」など、そのアプローチの仕方が異なります。ターゲットを絞ることは、Eメールマーケティングを行う上で、必要不可欠です。

 

 

そして、魅力的なタイトルを使えば、受け取ったメールを開いてもらえます。メールを開かせる事が出来なければ、何も始まりません。そのため、Eメールマーケティングでは、受け取ったメールを開いてもらう事がポイントになるのです。

 

そこで、ここに、受け取った相手がメールを開きたくなるような7つのメールタイトル例をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

Eメール タイトル

 

1.疑問文を使う

ソーシャルメディアのタイトルに疑問文を使用すると、より多くの人が見ると言われています。それは、Eメールにも同じ事が言えます。

 

しかし、ただ疑問文を使えばいいという訳ではありません。疑問文は、顧客がそのサービスや商品に関心度が高いほど、効果的になります。疑問文は、サービスや商品に関連しているもので、その人の経験に関連するものが好ましいでしょう。疑問文は、関心度が高いものを、さらに高める効果があります。

 

 

タイトル例
・これら5つの事を、朝の習慣にしませんか?
・あなたは無人レジを使っていますか?もし使っているなら、節約出来る可能性があります。

 

 

 

2.「どのように」という文を使う

人が影響を受けやすいEメールタイトルの一つに、「どのように」という文章を使う方法があります。相手に「方法」を促すことによって、人は知りたいという関心が高まります。この時に大切なことは、受ける相手に関心があることでなければ意味がありません。

 

 

その例として、
・どうやってより良いネズミ取りを作るか
・Instagram(インスタグラム)広告の予算を最小限にする方法

 

 

3.好奇心を誘い出す

私たちは、よく衝撃的なタイトルをソーシャルメディアで目にします。ソーシャルメディアで使われているタイトルは、ユーザーに大きな影響を与えます。それは、Eメールでも同じ事が言えます。

 

タイトルを作る時には、情報の一部が欠けているが、ある程度の内容がわかるようなタイトルが効果的です。そうすることによって、読む人の好奇心を誘い出します。

 

 

4.ユーモアがあるタイトル

マーケティングを成功させることは、簡単なことではありません。一方で、まれにシンプルな方法で成功できることもあります。そこで、たまには少し力を抜いて、ユーモアのある面白いタイトルを使ってみましょう。

 

 

広告に関する調査によると、全体の30%以上の広告にユーモアがあるタイトルが使われていることがわかりました。(テレビ広告では50%以上) それは、一体なぜでしょうか?それは、ユーモアを使うと、印象的で影響力があるからです。

 

Eメール タイトル

 

出典  http://www.jeffbullas.com/2016/10/04/7-eye-catching-headlines-thatll-get-emails-opened/

 

 

5. 個人に合わせた特定のタイトルを使う

力がある言葉を使うと、印象的なタイトルになります。特に、動作を表す言葉を使うと、より効果的になります。

 

 

さらに、そこに個人的な情報を取り入れると、受け取った側は、絶対にEメールを開きたくなります。自分だけのメールという認識を持たせることによって、メールを受け取った相手は、その内容を確認しなくてはならない感情が生まれます。

 

 

6. ある程度の内容がわかるようなタイトル

どんなタイプのEメールを送っているかにもよりますが、ある程度内容がわかるけど、少しミステリーな部分を作ると、受け取った相手の興味を引き立てます。このようなメールは、プロモーションなどのタイトルに適しています。

 

 

また、Eメールタイトルに「ビデオ」と入れると、19%以上の人がメールを開けるという結果がでています。さらに、「オファー」という言葉も同様に、メールを開ける確率が高くなります。

 

 

その例として、
・オリンピックについて知らなかった30の事柄
・絶対に見逃したくない新しい商品の暴露話(ビデオ)

 

 

7. 人が好む言葉を使う

人は、しばしば自分にとって良いことを逃してしまう恐れがあります。さらに、人は、すでに自分が良いことと共に住んでいることに気づいていない場合があります。

 

 

そこで、自分の良い所に気づくことが出来る言葉を使うことによって、力強いEメールタイトルになるのです。多くのマーケターは、世の中で求められている言葉を見極めて使っています。

 

 

まとめ

ここでは、「誰もが読みたくなるような7つのEメールタイトル」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

多くのマーケターがEメールタイトルを作る時に、頭を抱えています。せっかくいい内容のメールが出来上がっても、より多くの人に見てもらえなければ意味がありません。

 

 

そこで、ここでご紹介した、Eメールタイトルを参考にして、いつもと違ったタイトルをつけてみてはいかがでしょうか。きっと今までよりも、多くの人にメールを開いてもらえるようになることでしょう。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

Have a nice movie!!

動画初心者のためのYouTubeの教科書プレゼント

 機械がすごく苦手な方でも大丈夫!

 

「世界一簡単なYouTubeの教科書」をダウンロード。

 

YouTubeの教科書

 

 

よく読まれている記事