アバター2(続編)の動画戦略

みなさんこんにちは!
スマート動画ラボの谷田部敦です。

 

2017年12月公開予定のアバター2の予告などの公式動画が続々と流されています。

動画の流し方次第で公開日が近づくたびに大きな宣伝効果を得ることができるのご存知ですか。

 

Weekend Wallpaper Avatar
Weekend Wallpaper Avatar / Vankfire

 

YouTube Preview Image

 

公開日が近づくたびに、少しずつ動画を流すことでその先のストーリーを知りたくなります。YOUTUBEなどのネットでの動画は多くの人に拡散されやすく、宣伝効果も大きくなります。

 

「アバター2」は続編が3部作、創作中、監督のインタビュー、アバター2の実際の動画など情報が明らかになるたびに期待が高まっています。

 

 

アバターの大ヒットと日本仕様の動画戦略の大きな関係

IMAX 3D Glass
IMAX 3D Glass / Dick Thomas Johnson

 「アバター」で初めて3Dの映画を観たという人は少なくないはずです。実写の3D映画という話題とともにストーリーにも日本で注目されたのは「90秒のテレビCM3部作」です。ェームズ・キャメロン監督と米国本社では、非露出の方向性だったのを、日本サイドが本社を説得し日本オリジナルのテレビCMが制作されました。

 

YouTube Preview Image

 

ストーリーだけではなく、作品のスケール感、キャラクターなど3Dで映画を楽しみたいという期待感が高まり、大ヒットに繋がったのです。

 

 

YOUTUBEなどの動画広告で期待感が高まる

2010年、ジェームズ・キャメロン監督がハリウッドニュースでアバターの続編についてインタビューに答えています。

 

YouTube Preview Image

 

そして2015年、ジェームズキャメロン監督はエンターテイメン・トウィークリー誌にて「アバター2」「アバター3」「アバター4」を同時に制作する計画を立てていることを報告しました。

 

YOUTUBEにて公式の動画予告が流されています。2014年、2015年、2016年とそれぞれに公開された公式の動画は、少しずつ内容が違います。それぞれ少しずつ内容が違うことで、ストーリーの想像や世界観、もう一度3Dで見たいという思いになります。

 

YouTube Preview Image

 

YouTube Preview Image

 

YouTube Preview Image

 

また、ほかの映画を彷彿とさせるような動画もあります。アバター2と公開が同時期になるのではないかと噂される「スター・ウォーズ」のキャラクターなども描かれており、ほかにも「ハリーポッター」「ロード・オブ・ザ・リング」などが描かれていて見ていて楽しい内容です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

テレビは見なくても、動画は観るという方も少なくないからこそ、YOUTUBEでの宣伝効果は大きいでしょう。

前回の公開で日本での90秒CMが功を奏したように、ストーリーが少し垣間見えるとその先を知りたくなり劇場へ足を運びたくなりませんか。

 

そしてスケールの大きさが見えると、3Dで見たくなりませんか。

今後も2017年12月の公開までに新たな動画が流れるかも知れませんね。楽しみです。

 

アメリカでも期待が大きいのがよくわかります。

 

YouTube Preview Image

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

Have a nice movie!

動画初心者のためのYouTubeの教科書プレゼント

 機械がすごく苦手な方でも大丈夫!

 

「世界一簡単なYouTubeの教科書」をダウンロード。

 

YouTubeの教科書

 

 

よく読まれている記事