ヒカキンさんが出した本から読み取れる有名になれるポイントとは?

今や日本一のYouTuberとなり、年収1億円と言われるヒカキンさん。

でもなぜ、インターネット動画だけでこんなにも有名になることができたんでしょうか?

 

ヒカキンさんが出した本「僕の仕事はYouTube」

 

この本はとても有名ですが、Amazonでの評価は酷評が多いですね。

人気者にはアンチがつきものとはいえ、大変そうです。

 

しかし、このヒカキンさんの本から読み取れる有名になれるポイントがありますので、それについてお話ししたいと思います。

 

 

1.ヒカキンさんてどんな人?

まずはヒカキンさんがどんな人か、ご紹介します。

 

hikakin

出展:「HIKAKIN OFFICIAL BLOG

 

1989年4月21日、新潟県妙高市生まれ、牡牛座のO型。

最終学歴は新潟県立新井高等学校。

本職はヒューマンビートボクサーで、YouTuberです。

なんと小3~高3まで、スキージャンプの経験もあるそうです。

 

「ヒカキン」という名前は、そのスキージャンプの先輩から本名の「ヒカル」をもじり「ヒカキン」と呼ばれていたことに由来していて、小学生の頃も一時期そう呼ばれていたそうです。

 

 

ヒカキンさんはYouTubeでは4つのチャンネルを運営しています。

 

 「HIKAKIN」チャンネル…主にビートボックスの動画

HIKAKINチャンネル

 

 

 「HikakinTV」チャンネル…企業とのタイアップも含む商品紹介などの動画

Hikakin TV

 

 「HikakinGames」チャンネル…ゲームの実況動画

HikakinGames

 

 「HikakinBlog」チャンネル…自身のプライベートなどの気軽な動画

HikakinBlog

 

 

動画の挨拶は基本的に「ブンブン、Hello YouTube! どうもHIKAKINです」で始まります。

 

 

ヒューマンビートボックスは誰かに習ったりしたことはないらしく、「力の限りゴーゴゴー!!」のハモネプの影響で小学生の頃から始め、YouTubeのビートボックス動画を参考にするなどして、独学で今のスタイルが出来上がったそうです。

 

小学生の頃からYouTubeへの動画投稿はしていたそうですが、下手過ぎて恥ずかしいため削除してしまったそうです。

 

高校生の頃には上越でライブもしています。

 

高校卒業と同時に上京し、スーパーに就職

 

当時、動画は月2回ペースで投稿されていたそうですが、日本でのアクセスは少なく、8割は海外からのアクセスだったそうです。

そこ頃はまだ、YouTubeで生活しようとは思っていなかったそうです。

 

しかし、アメリカのトップYouTuberであるミシェル・ファンの講演会に行き目覚めたそうです。

でもその頃にはもう日本国内月間アクセス一位を取っていたそうですよ。

それがかの有名なマリオの動画『Super Mario Beatbox』です。

 

ミシェル・ファンの講演会後、YouTubeの方に直接「もっと本気でやりませんか」と声を掛けられ、いろいろアドバイスをもらい、YouTuberとなっていったそうです。

 

 

2.ヒカキンさんが出した本から読み取れる有名になれるポイントとは?

 

2-1.一芸を持っていること

なによりまずは、ヒカキンさんにはヒューマンビートボックスという人並み外れた一芸があることでしょう。

YouTuberとなる前にその動画ですでに日本一になっているんですから。

 

自分にも一芸はあるよ、と思われるかもしれませんが、それをこつこつ長いこと続ける根性突き詰める探求心は一つの才能です。

 

もともとビートボックスの才能は世界のミュージシャンに認められていて、エアロスミスのスティーブ・タイラーに気に入られて、ライブに呼ばれて共演してたりもします。

 

 

2-2.基本に忠実であること

ヒカキンさんはただやみくもに多くの動画を投稿しているわけではないそうです。

 

YouTubeの方からのアドバイスやYouTubeから提供されている動画のガイドラインに忠実です。

 

また、他のヒット動画で使われているテクニックなどを理論的に研究し、取り入れ結果を分析

 

 

何度も作り変えては分析を繰り返し、どんなに忙しい時でも毎日決まった時間に動画をアップし続ける、絶え間ない努力と継続から、大ヒット作品が生まれました。

 

YouTubeクリエイターハンドブック

https://youtube.com/creatoracademy/page/education?hl=ja

 

下記は洗練された参考動画です。

 

 

謙虚に他人のアドバイスを受け入れられること初心を忘れず基本に忠実であり続けることが大切なんですね。

 

 

2-3.とことん分析・研究していること

ヒカキンさんは自身の動画を、YouTubeアナリティクスという解析ツールを利用して毎日分析し、次の動画づくりの参考にしているそうです。

 

 

分析している項目は主に下記の項目。

 ★動画別の再生数やチャンネル登録数の推移

 ★ユーザが動画のどの部分(何分何秒)で見るのをやめたのか

 ★動画を見てくれているユーザの性別や年齢

 ★デバイス(PCorスマホ)など

 

 

この結果、ヒカキンさんの動画を観るユーザ層は小中学生が多いことが分かり、彼らにもわかるようにテロップやしゃべり言葉には難しい単語や言い回し、専門用語は使わないようにし、テロップにはあえて平仮名を使ったりするそうです。

 

動画の再生数が伸びれば、「ウケがいいコンテンツだな」とデータを蓄積し、見るのをやめてしまった部分を確認して、良くなかった部分を改善していきます。

 

そういう分析→改善→実行のサイクルを常に回して、動画作りをされているそうです。

これは、ビジネスでよく言われるPDCAサイクル【Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)】と同じです。

 

 

2-4.動画の中身が大事!視聴者のニーズに敏感であること

ヒカキンさんが最初にヒットしたのはマリオの動画『Super Mario Beatbox』でした。

マリオという世界共通で楽しめる言葉を要としない題材を取り入れたことで、運よく海外のYahoo!で紹介されました。

 

当時の「日本でのアクセスは少なく、8割は海外からのアクセス」という、ヒューマンビートボックス動画のユーザー層を意識した投稿のおかげです。

 

 

ヒカキンさんは、「一番、大切なのは動画の宣伝ではなくて、動画のコンテンツ(中身)がおもしろいものでなければならない」と言っています。

 

これを動画作りの基本にしつつ、更にユーザに興味を持ってもらえるように動画編集・加工でいろんな味付けを加えていく、このような地道な努力がヒットを生み出す秘密なんですね。

 

 

2-5.なにより努力そのものを楽しんでいること

ヒカキンさんは本当に仕事を楽しんでいます。

CMでも「好きなことを仕事に」とおっしゃっていますが、それは好きなことだけするということではありません。

 

幼いころからのビートボックスの練習も遊んでいる感覚で、「好きだから自然とやってしまう」感じだったそうです。

 

「他の人の動画を見るのも好き」なので、他のYouTuberから技を学ぶことも好き。

「動画を作ることそのものが好き」なので、毎日投稿することも苦にならない。

 

「YouTuberとしての活動をやってるのが楽しくて仕方ない」

 

とことん突き詰めてこだわることは楽しいものですが、毎日同じ時間に動画投稿するということは並大抵ではできない努力です。

 

「好きなことをとにかく追求してやり続ける、さらにその活動・努力そのものを楽しめる」ことはなによりの才能だと思います。

 

 

3.まとめ

「好きなことを仕事に」していることは一見羨ましいことですが、「他人が辛い苦しいと思うようなことでも好きになって楽しめる」ことも含めて「好きなことを仕事に」なんだと思いました。

 

有名YouTuberというと、おちゃらけた人のようですが、ヒカキンさんの本にある有名になれるポイントは、ビジネスや商売をやっていく上での基本的なことが読み取れます。

 

基本に忠実に、謙虚に、地道な努力そのものも楽しむこと

 

こういう「普通なことを継続すること」が有名になれるポイントなんでしょう。

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

Have a nice movie!!

 

無料EBook:世界一簡単な”YouTube”の教科書 2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

 

動画で集客を始めてみたいけど、YouTubeは難しそうだなぁ。

きちんと学んだことがないなぁと不安に思っていませんか?

 

本書は弊社やクライアント様がYouTube動画集客に取り組み

・とても簡単にYouTubeチャンネルをつくる方法
・チャンネル名を自由に変える方法
・YouTubeチャンネルの登録者を簡単に増やし、より多くの人に動画が見られるようにする方法をお伝えしております。

是非、貴社の動画マーケティングにもご活用下さい。


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事