YouTubeマーケティングでのありがちな間違いとは?!

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

 

この記事は、こちらを参考にして作成しています。

https://blog.kissmetrics.com/youtube-influencer-campaign-mistakes/

 

 

YouTubeを使ったマーケティングとは

現在YouTubeは、多くの人がマーケティングに使っていますが、その宣伝方法は本当に効果的ですか? 「マーケティングには、どのようなものを使っているか」というと調べによると、60%以上の企業がマーケティングにソーシャルメディアを取り入れていると答えています。

 

 

その中でもYouTube は、ソーシャルメディアの中でも特に知名度が高い特徴があります。YouTubeは、二番目に最も多く検索エンジンで利用されており、その数は1ヶ月でおよそ10億回ものビュアーが記録されています。

 

 

YouTubeマーケティングの強みは、世界中で利用されているのはもちろん、年齢や性別を問わない利用者の多さにあります。そこで、ここではそんなYouTubeを使った広告を出す上で、知っておきたい事をご紹介します。

 

 

YouTube広告を知る

・課金

YouTube広告は、30秒以上ユーザーが視聴した場合、またはバナーをクイックした場合に課金されるシステムになっています。

 

 

・チャンネル登録

ユーザーが便利に利用できる機能として、チャンネル登録というものがあります。

image

出典元:www.youtube.com

 

 

チャンネル登録とは、お気に入りのチャンネルをユーザーが登録できるというものです。この事により、ユーザーは、そのチャンネルで更新された動画などを見つけやすくなります。

 

 

そのため企業は、その商品へ関心がある人を特定することが出来るので、
マーケティングに役立てることができます。

 

 

・YouTubeアナリティクス

もう一つ、YouTube広告を出す時に知っておきたいのが、YouTubeアナリティクスです。

 

 

YouTubeアナリティクスとは、再生回数、再生時間などの、動画に関する情報を見ることができます。例えば、再生時間を見ると、多くのユーザーは、動画のどの辺でストップしてしまっているかなどを確認することができます。そのことにより、動画の改善に活かすことができます。

 

 

image

出典元:www.video-ad.net

 

 

・ファネルマーケティング

ファネルとは、顧客になる見込みのユーザーが商品を知ることから、顧客になるまでの流れのことを言います。その流れに応じて、ユーザーがする行動を追って分析出来ます。

 

 

まずは、ステージ0です。
この段階では、その企業や商品を全く知らない、または全く興味がない状態です。このステージで、ユーザーにアピールを行っても、効果はないと言えます。まずは、企業や商品を知ってもらうことからスタートします。

 

 

次は、ステージ1〜2です。
この段階では、ユーザーが商品のことを知っているが、興味がないので、購入までに至らない状態です。このようなユーザーには、商品レビューや、商品紹介などの動画を見せることによって、関心が高まるケースがあります。

 

 

そのため、このような動画を、検索エンジンやソーシャルメディアメディアで、<検索する可能性があるので、ターゲットを絞って、商品レビューや、商品紹介などの動画広告を出すと効果的です。

 

 

そして、ステージ3です。
ここでは、エンゲージメントを構築します。顧客となったユーザーに、定期的にコミュニケーションを図ることが大事です。興味があるユーザーにキャンペーン情報や、その他興味がありそうな情報を定期的にアップすることによって、YouTubeチャンネルへの継続的購読が見込まれます。

 

 

よくある3つの間違い

YouTube を使ったマーケティングで成功を収める為に、よくある3つの間違いを見ていきましょう。

 

●間違い1

最も多い間違いに当たるのがこちらです。それは、動画を作りそれをようやく公開できたことで、終わりと考えてしまうことです。

 

YouTube マーケティング

 

公開すれば放っておいても、「コメント」や「like」などがもらえると思っては大間違いです。マーケティングを成功させるためには、公開された動画は、その後管理をしていかなければなりません。

 

 

管理者は、まずマーケティングの予算を明確にして、どのように宣伝活動をしていくかを決定していきます。その宣伝活動は、サイトへ訪問したビュアーの数に対し、コンバージョンが達成された割合(コンバージョン率)に基づいているかを確認します。

 

 

さらに、そのブランドのブランド知名度が上がっているかを確認します。新しいユーザー、またはチャンネル登録数が、増えているかを確認します。

 

 

YouTubeを使っての宣伝活動は、投資利益率を上げるのが目的です。この宣伝のゴールは、重要業績評価指標(KPI)で表すことができます。重要業績評価指標とは、組織の目標達成を表すものです。ビジネスの状態を表すのが難しい、リーダーシップを育成すること、雇用の状態、サービス、顧客の満足度を表し、ビジネスの状態を比べるために使われます。

 

 

●間違い2

それぞれの産業において、有名なYouTubeチャンネルが存在します。その中には、数万以上ものチャンネル登録数を誇っているものもあります。ブランドにとっては、このような方法で知名度を上げることは、とても優位なことになります。

 

 

しかし、どんなにいい動画を作っても、簡単にチャンネル登録を増やすことは、とても難しいことです。そのような地位に達することができるものは、全体のおよそ1%から5%ほどにすぎません。

 

 

毎日のように、新しいビデオが、たくさんアップされています。そこで、どのようなものを作り出せば、そのような地位に達することができるのでしょうか。

 

 

1-1…目標を作ることは必要不可欠です。

もし、あたなのチャンネルが有名なものとした時、そのブランドに興味がある人だけが見ているとは限りません。そのブランドに興味がある人だけをターゲットにしているということは、数に限りが出てきます。

 

 

そのため、目標をさらに大きく設定し、より幅広い人に見てもらえるようにしなければなりません。

 

 

1-2…真実を伝えることは必要不可欠です。

たくさんの時間を費やしてビデオを作り、その宣伝にお金かけていっても、その商品を正確に真実を伝えなければ意味がありません。Rooster Teethというとても有名なゲームのチャンネルがあります。チャンネル登録は、800万にも及ぶ大ヒットチャンネルです。

 

 

また、それに比べてWorld of Tankとよばれる似たようなゲームのチャンネルは、35万の登録数となっています。 その他似たようなゲームの動画も、Rooster Teethのチャンネル登録数には及びません。

 

 

このゲームを見ると、高画質で、内容も人を惹きつけるような魅力的な内容になっていて、ゲームをよく知っている人だけではなく、色々な人が興味を持つようになっているのです。

 

 

●間違い3

管理者は、その動画に使った女優や編集方法だけで、そのマーケティングが成功すると思いがちです。

 

YouTube マーケティング

 

YouTube広告は、 それだけでチャンネル登録数を増やすことはできません。実際に言えることは、商品を直接使っている人の意見や反論が見れるリアルな動画をユーザーは求めています。

 

 

まとめ

ここでは、
「YouTubeを使ったマーケティングによくある3つの間違い」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

YouTubeを使ったマーケティングを成功させるために、よくありがちな問題点という観点から、分析していきました。このような、問題点を参考にして、今度の動画作りに役立てて下さい。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

 

Have a nice movie!!

無料eBook2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

動画もYouTubeもハードルが高い…。

そんな不安を解消するYouTubeの教科書!

 

世界一かんたんな動画集客をスタートしましょう!


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事