2016年における6つのオンラインマーケティングの傾向

ここでは海外の記事を元に、
皆様に最新情報をお伝えします。

 

 

Growing Social Media

 

 

みなさんの会社では、オンラインマーケティングを取り入れていますか?
もしまだでしたら、ぜひ今からでも取り入れてみてはいかがでしょうか。
マーケティングの幅がさらに広がります。

 

 

ここ数年でオンラインマーケティングは、急激に進化しています。
年初めになると、毎年マーケティング業界は、新たなものを世に見出します。

新しい技術は、今までにない早さで進化をしているのです。

 

 

もちろん、オンラインマーケティングを利用する側も、それに対応しなければなりません。
ビジネスに勝つためには、オンラインマーケティングをしっかりと知ることが必要不可欠になるのです。

 

 

そこでここでは、あなたのビジネスに活用できる6つのオンラインマーケティングの傾向についてご紹介します。

 

 

1.ビデオ広告を使う

最近、ウエブサイトを見るといたるところに動画広告を見かけます。

その中でも人気の高いYouTubeは、今もなお1日の視聴数を伸ばしています。

 

 

また、2015年11月からスタートしたFacebookビデオにおいは、1日およそ8億もの視聴数を誇る人気ぶりです。このことでもわかるように、インターネット利用者は、ビデオを観ることにとても関心があります。

 

 

ただ記事を読むだけではなく、ビデオ広告を使うことによって、より利用者の目を引くことができるのです。

 

 

YouTube logo

 

 

2.コンテンツリマーケティングとは

コンテンツリマーケティングとは、サイトに訪問したが、そのサイトを去ってしまった人を再度そのサイトに誘導するシステムのことを言います。

 

 

コンテンツリマーケティングを利用すると、訪問者の興味を再び呼び起こすことができるので、多くのリードを取得することができます。この方法は、現在マーケティングリーダーに人気の戦術となっています。

 

 

近年ブログ、電子書籍、メールなどは、多くの人に利用されています。

そこで、それらを利用する時に、訪問者の連絡先を情報者がチャプターすることによって、訪問者が何を求めているかを確実に知ることができるのです。

 

 

Email

 

 

3.革命的変化を遂げたソーシャルメディア広告

ソーシャルメディア業界は、現在急成長を遂げています。

 

 

そこで、ソーシャルメディア広告を利用することによって、多くのターゲットを取得することが

できます。とくにFacebookにおいては、ソーシャルメディア広告の代表ともなっていますFacebookを利用する人は、個人情報を登録します。

 

 

その個人情報で、Facebook広告のターゲットが設定できるのです。
このことにより、より正確にターゲットを絞り、効率よく広告を出すことができるのです。

 

 

The Art of Facebook

 

 

4.モバイルをパソコンより使いこなす

2015年は、モバイル業界にとって大きな年となりました。

そんなモバイルは、今ビジネスには欠かせないアイテムとなっています。

 

 

モバイルがさらに需要を伸ばしているのは、Googleが発表した「モバイルゲドン」の影響とも言えます。これは、モバイルフレンドリーになっているページを、上位の検索結果に表示するというものです。

 

 

このことにより、モバイルで見られないページは、検索結果の順位が落ちてしまうのです。

 

 

また、スマートフォンは、私たちの生活にとって欠かせないものとなっています。
それは、まるでコンパクトになったパソコンのようです。
どこでもメールチェックができ、どこでも最新のニュースを見ることができるのです。

 

 

Google

 

 

5.今までとはちょっと違ったテクノロジーに焦点を当てる

通信機器はより高機能化し、それに伴い消費者は賢くなっています。

様々な情報が行き交う中、消費者は何を求めているのでしょうか。

 

 

実際に消費者が必要と考えられるものは、最近、健康に気を使っている人が増えており、それに関連する情報を必要としている人が増えていることです。

 

 

これは、ビジネスを広げる大きなチャンスです。

例えば、最近人気なのが、iPhoneのアプリから出ている「Health kit.」です。
これは、自身の健康とフィットネス情報を一つにまとめることができるものです。

 

 

そして、「Pacer」と呼ばれる、犬の睡眠時間、食事などの1日の流れを管理できるものがあります。

 

 

また、2015に発売開始した「Apple watch」は、今後さらに需要を伸ばし、便利に進化をしていくことになるでしょう。

 

 

APPLE WATCH - Activity App

 

 

6.より広告にお金をかける

物の需要が増えれば、価格が上がります。
過去数年でオンライン広告の需要が増加しています。
そして2016年、オンライン広告はさらに増加傾向になります。

 

 

しかし、実際にオンライン広告は、
以前よりもより安く利用できるようになっています。

 

 

最近需要を伸ばしているFacebookの有料広告は、2012年に一株20ドルだったのが、2015年5月には、一株80ドルになっています。

 

 

さらに、最近よく目にするLinkedinやツイッター広告も現在成長しているものの一つです。

 

 

その他、InstagramやPinterestも、これから注目したいソーシャルメディアの一つとなっています。

 

 

Pinterest Signs at Target Stores

 

 

ここでは、2016年における6つのオンラインマーケティングの傾向を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

これからのオンラインマーケティングにぜひ活用してみて下さい。

 

 

Have a nice movie!!

無料EBook:世界一簡単な”YouTube”の教科書 2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

 

動画で集客を始めてみたいけど、YouTubeは難しそうだなぁ。

きちんと学んだことがないなぁと不安に思っていませんか?

 

本書は弊社やクライアント様がYouTube動画集客に取り組み

・とても簡単にYouTubeチャンネルをつくる方法
・チャンネル名を自由に変える方法
・YouTubeチャンネルの登録者を簡単に増やし、より多くの人に動画が見られるようにする方法をお伝えしております。

是非、貴社の動画マーケティングにもご活用下さい。


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事