映画もYouTubeでプロモーション!?今話題のYouTube チャンネル『Cinemasins』を使った映画メディア戦略

みなさんこんにちは!

スマート動画ラボの谷田部敦です。

 

 

皆さんは、最近海外で話題のYouTube動画チャンネル「Cinemasins]をご存じでしょうか。

 

 

IMPORTANT QUESTIONS #2456 #cinemasinsIMPORTANT QUESTIONS #2456 #cinemasins / zimpenfish

 

 

 

 

 

 

 

 

上の画像は、あらゆる映画にコメディタッチで、「ツッコミ」をいれるYouTube動画チャンネル「Cinemasins」です。

 

最近ますます映画の宣伝において、「Cinemasins」のような存在が欠かせなくなってきています。

 

それでは、YouTubeを使ったメディア戦略について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

YouTubeを使った映画メディア戦略

今年の米アカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされた8作品とは?

 

アカデミー賞/オスカー The Academy Awards or The Oscars / A ONE-MAN ARMY RETURNS TO NO-MANS’ LAND

 

①「The Big Short」(邦題:マネー・ショート 華麗なる大逆転)

 

②「Bridge of Spies」(邦題:ブリッジ・オブ・スパイ)

 

③「Brooklyn」(邦題:ブルックリン)

 

④ 「Mad Max: Fury Road」(邦題:マッド・マックス怒りのデス・ロード)

 

⑤「The Martian」(邦題:オデッセイ)

 

⑥「The Revenant」(邦題:レヴェナント: 蘇えりし者)

 

⑦ 「Room」(邦題:ルーム)

 

⑧「Spotlight」(邦題:スポットライト 世紀のスクープ)

 

 

この8作品が、今年度米アカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされた作品です。この中で、今年は「Spotlight」(邦題:スポットライト 世紀のスクープ)が、最優秀作品賞に選ばれました。

 

最近は、映画の興収がアップするように、更にアカデミー賞にノミネートされるようにと、映画制作側は、敢えて「Cinemasins」に取り上げられて「ツッコミ」を入れられるようにしたり、ムービー・トレーラー(映画予告編)をYouTubeで放送したり、更にFacebookを使ったりして、積極的にソーシャルメディアを使った映画宣伝プロモーションを行っています。

 

 

アメリカではYouTubeで映画予告編を観てから、映画に行くって本当?

出展元 http://www.reelseo.com/cinemasins-oscar-trailers/

 

2015年の統計では、YouTubeで映画予告編を観る96%が、18歳から34歳までの男性です。彼らはまずYouTubeで予告編を観て、それからデートでどの映画を彼女と観にいくかを決めるようです。

 

このことからも、YouTube動画は、映画のヒットを決める重要な役割を担っているといえるでしょう。

 

 

 

まとめ

皆さんここまで、YouTubeを使ったメディア戦略を見てきましたが、如何でしたか。

 

今後ますますFacebook、YouTube動画などによる映画宣伝プロモーションが加速すると

思われます。

 

今年の米アカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされた作品の中で、もし気になる作品が

あったら、是非観に行ってみてください。

 

 

みなさんも広告用の動画づくりの参考にしてください。

Have a nice movie!!

無料EBook:世界一簡単な”YouTube”の教科書 2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

 

動画で集客を始めてみたいけど、YouTubeは難しそうだなぁ。

きちんと学んだことがないなぁと不安に思っていませんか?

 

本書は弊社やクライアント様がYouTube動画集客に取り組み

・とても簡単にYouTubeチャンネルをつくる方法
・チャンネル名を自由に変える方法
・YouTubeチャンネルの登録者を簡単に増やし、より多くの人に動画が見られるようにする方法をお伝えしております。

是非、貴社の動画マーケティングにもご活用下さい。


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事