マーク・ザッカーバーグを越える起業家を目指しています

マーク・ザッカーバーグを越える起業家を目指しています

 

私のマーク アツシという名前は、
ビジネスネームです。

 

そのため私はよく、
『何でマークという名前にしたんですか?』と質問されることがあります。

 

私は答えます。
マーク・ザッカーバーグを越える起業家になりたいと思ったからです』と

 

マーク・ザッカーバとは、
あのFacebookの創始者である、
アメリカの実業家であり、
私が目標にしている起業家でもあります。

 

 

私が起業家を目指し始めた大学生の頃、
私は同じく起業家を目指す
仲間を探していました。

 

せっかく生まれてきたからには、
何か歴史に名を残すようなことがしたい。
そんな気持ちが強かったからです。

 

志の高い友人もいましたが、
ほとんどの友人にはこう言われました。

 

『起業なんか危ないからやめなよ』

 

『今の時代はあまりリスクはとらない
 国家公務員や大企業に勤めたほうが
 いいよ。』

 

例え、起業したいと言った人も、
それは口だけに聞こえ、
本当に動き出す人は一部でした。

 

私の世代は、
リーマンショックで就職した世代。
不景気に育った私たちは小さい頃から

 

・大きすぎる夢は見るな

 

・リスクは取るな

 

・周りから外れたことをする人は
 協調性の欠けたダメな人間だ

 

そんなことを昔から
教えられてきました。

 

私の周りには残念ながら、
夢を語れる人間
とても少なかったのです。

 

そんなとき、たまたま見た、
マーク・ザッカーバを題材とした映画
ソーシャル・ネットワーク

 

その映画では、
マーク・ザッカーバーグが、

 

周りからの多くの反対、
嫉妬や妬みを受けながらも、
信念を持ってFacebookを起ち上げた
ストーリーが描かれていました。

 

偶然か、マーク・ザッカーバーは
私と同い年。そんな彼が言った
ある一言が私の胸をうちました。

 

ぼくは毎日のようにこう自問している
「今ぼくは自分にできる一番大切なことをやっているだろうか」と。

 

1日1日全力で行きている彼と、
何も動き出せていない自分との間に
大きな大きなギャップを感じて、
悔しさ感じました。

 

私は、こんな風に
『夢』を語れる人間になりたい、
『夢』を語れる人間を増やしたい。

 

そんな気持ち胸に
本気で起業家を目指すようになりました。

 

 

長いダブルワークの末、
サラリーマン年収の10倍の売上げをつくり
起業家として独立を果たしました。

 

どんなに眠れないときも
どんなに辛いことも
どんなに悔しい経験をしても

 

何も動けなかったあの頃よりは
ずっとマシ!

 

大切な家族を守り、
信頼してくれる生徒を勝たせ、
を語れる人間を増やすために、

 

今は、
毎日を大切に過ごしています。

 

そんな私も、
起業家として成長してきた今、
たくさんの志事を頂けるようになり、

 

同じような大きい志を持つ
秘書の募集を始めます!

 

下記の条件に当てはまる方と
ぜひ一緒に志事がしたいと思っています。

 

1.どんなに辛い状況でも
  人一倍の努力ができる方

 

2.家族・お客様・関わる人に対する
  感謝と敬意をきちんとお持ちの方
  

3.マーク・ザッカーバーを越える!
  というような、
  大きな野心がある方

 

上記3点があれば、
技術・経験は問いません。

 

挑戦してみたい!という方は、
下記の相談フォームから
お申し込みをお願いします。

 

募集面談というかたちで、
今後の起業家としての
人生の描き方をお伝えします!

 

お申込みフォーム

 

 

無料EBook:世界一簡単な”YouTube”の教科書 2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

 

動画で集客を始めてみたいけど、YouTubeは難しそうだなぁ。

きちんと学んだことがないなぁと不安に思っていませんか?

 

本書は弊社やクライアント様がYouTube動画集客に取り組み

・とても簡単にYouTubeチャンネルをつくる方法
・チャンネル名を自由に変える方法
・YouTubeチャンネルの登録者を簡単に増やし、より多くの人に動画が見られるようにする方法をお伝えしております。

是非、貴社の動画マーケティングにもご活用下さい。


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事