Facebook広告で使える 魅力的なヘッドラインの書き方

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

 

この記事は、こちらを元に作成しています。
http://blog.hubspot.com/marketing/write-better-facebook-ad-headlines#sm.00001m5svcsf2beg1t9fjrncwtczz

 

 

1. Facebook広告ヘッドラインの書き方: 3つの条件

Facebookは、現在世界中の人々に使用されており、1日のアクティブユーザーは、約11億人にも及びます。この数字を見てもわかるように、Facebookをあなたのマーケティングにうまく活用すれば、大きな可能性を秘めたマーケティングとなります。

 

 

Facebookで広告を出すときには、ターゲットを絞って広告を出すと、効率よくマーケティングが出来ます。しかしここでのポイントは、その広告をより多くの人に見てもらわなければ意味がありません。

 

その時大事になってくるのが、広告に使うヘッドラインです。ヘッドラインで、多くの人の目をひかなければ、多くのユーザーから見てもらうことができません。

 

 

そこで、ここでは、Facebookで広告を出すときに、多くの人が目を惹くような、魅力的なヘッドラインの書き方をご紹介します。

 

 

1-1. Facebook広告ヘッドラインの仕組み (クリアなもの)

もしあなたの広告をより自分好みにしたいのなら、ヘッドラインを必要に応じてつくります。つまり、自分好みにカスタマイズしていきます。ヘッドラインは、一目でその広告がどのようなことを言っているかを知るためにとても大事なものです。

 

そこで、ヘッドラインは、内容の想像力を膨らませるようなものが好ましく、何を言っているかをきちんと理解出来るのものが良いでしょう。

 

 

ここに、The New Yorkerにおけるヘッドラインの例があります。
「12週間で12ドル」(12 weeks for $12)

Facebook広告 ヘッドライン

出典:http://blog.hubspot.com/marketing/write-better-facebook-ad-headlines#sm.0001m4l34nt7qeqdtyw122bc9s996

 

この広告のヘッドラインは、あまりいい例ではありません。それは、想像しにくい例えを使っていることが言えます。

 

 

例えば、「定期購読、1週間で1ドル」(Subscribe for $1 a Week)や、「有名な賞を受賞した雑誌が、一週間たったの1ドルで購読可能」(Award-Winning Reading for Only $1 a Week) といったようなヘッドラインを使うと、数字がクリアで、見た人にもわかりやすいでしょう。

 

 

1-2. Facebook広告ヘッドラインの仕組み (目立つもの)

Facebookは、1分間におよそ300万もの投稿があるほど、世界中の多くの人に使われています。そのため、それだけの人が絶えず記事を投稿していることを考えると、ヘッドラインをうまく使わないと、そのまま読まれずに、他の記事に埋もれていってしまいます。

 

そのため、ヘッドラインは、ダラダラと長いものは好ましくありません。多くのヘッドラインの中からでも目立つような、クリアでわかりやすいものが効果的です。

 

 

1-3. Facebook広告ヘッドラインの仕組み (簡潔に)

Facebook広告のヘッドラインを作る上で必要なことは、簡潔に要点をまとめることです。Facebookでは、20〜40語でヘッドラインを作ることがいいとされています。さらにそれは、誰もが簡単に理解できるものでなければなりません。

 

 

ここにFacebook広告の例として、Mavenの広告で「少ないことはそれ以上」(less is more)というヘッドラインがあります。これは、とても簡潔で、わかりやすいヘッドラインだといえます。

Facebook広告 ヘッドライン

出典: http://blog.hubspot.com/marketing/write-better-facebook-ad-headlines#sm.0001m4l34nt7qeqdtyw122bc9s996

 

 

2. Facebook広告ヘッドラインの書き方: 4つの試したいこと

Facebook広告ヘッドラインを書くときに、試してほしい4つの項目をご紹介します。

 

 

2-1. 疑問文を使う

ヘッドラインで疑問文を使うと、ユーザーの目をひくことができます。実際、広告におけるリサーチによると、肯定文のヘッドラインに比べて、疑問文のヘッドラインは、150%以上クイックされるということがわかっています。

 

 

さらに、疑問文にyou (あなた) という言葉を加えることによって、175%以上クイックされることもわかっています。

 

 

2-2. 命令文を使う

テキサス大学のFrances Ylana (フランシス イラナ) 教授は、ヘッドラインに強い意味の動詞を使うことによって、人の興味をひくと発表しています。ここでいう強い意味の動詞というのは、命令文になります。

 

そのため、Facebook広告でヘッドラインを作る時は、命令文のような率直にその広告で伝えたいことをヘッドラインにすることによって、そのメッセージが見ている人に伝わりやすくなります。

 

 

2-3. 利点を伝える

Facebook広告のヘッドラインで効果的なのは、その商品やサービスの利点を示すことです。ヘッドラインは、攻撃的にならないように、簡潔にまとめ、その良さを伝えることが効果的です。

 

 

2-4. 好奇心を持たせる

ソーシャルメディアや新聞などをみると、たくさんのヘッドラインで溢れています。マテオ M ガリッジのジョージ・ロウーウェンスタイン教授は、「私達は何を知っているのか、そして、何を知らないのか」(what we know and what we don’t know) を述べるにあたり、ヘッドラインの重要性を説明しています。

 

彼の学説では、「私達に知識の隙間があるとき、新しい情報でそれを埋めようとする働きがあります。」と述べています。

 

つまり、知らないことを見つけると、それが好奇心になり、脳が刺激されます。そして、知らないことを知りたいという働きが起こるのです。

 

このことからも言えるように、好奇心を呼ぶようなヘッドラインを作ることによって、新しい情報を学びたいと脳が反応し、広告をクイックしたくなるのです。

 

 

3. ヘッドラインを作る準備はできましたか?

John Caples (ジョン カープルズ)という、有名なコピーライターが、「ヘッドラインがあまり魅力的でなければ、どんなにいい記事を書いても読まれることはありません。」と言っているほど、ヘッドラインはとても重要な働きをします。広告の内容が素晴らしいものでも、内容が読まれなければ全く意味がありません。

 

 

広告の内容にしっかりと時間をかけるのは当然ですが、ヘッドラインのつけ方にも、より気を払って作るといいでしょう。

 

 

まとめ

ここでは、「Facebook広告で使える 魅力的なヘッドラインの書き方」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

上記でも説明した通り、Facebook広告においてヘッドラインは、とても大事な役割を果たします。

 

 

そこで、ここでご紹介したようなヘッドラインの書き方を参考にして、より多くの人に見てもらえるような魅力的な広告を作ってみてください。魅力的なヘッドラインを書くことは、ビジネスの成功にも繋がります。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

Have a nice movie!!

 

無料EBook:世界一簡単な”YouTube”の教科書 2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

 

動画で集客を始めてみたいけど、YouTubeは難しそうだなぁ。

きちんと学んだことがないなぁと不安に思っていませんか?

 

本書は弊社やクライアント様がYouTube動画集客に取り組み

・とても簡単にYouTubeチャンネルをつくる方法
・チャンネル名を自由に変える方法
・YouTubeチャンネルの登録者を簡単に増やし、より多くの人に動画が見られるようにする方法をお伝えしております。

是非、貴社の動画マーケティングにもご活用下さい。


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事