知らないと後悔する!デジタルマーケティングをあなたのビジネスに活用する方法

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

この記事は、こちらを元に作成しています。

http://blog.hubspot.com/marketing/what-is-digital-marketing#sm.001ecqy60rjmcup112o2b8dd2ehlr

 

マーケティングというのは、いつも顧客と正しい場所で、正しい時間帯につながっていなければなりません。今日のマーケティングは、インターネットが利用されることが主流になっています。

 

 

最近主流になっているマーケティングの形として「デジタルマーケティング」という方法がありますが、違う言葉に置きかえると、オンラインに存在する様々なフォームを使ったマーケティングのことを言います。

 

 

そこで、ここではそんな現在主流になっている「デジタルマーケティング」についてご紹介していきます。

 

デジタル マーケティング

 

1.デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、電子メディアを通じて、マーケティングを行うことです。最近では、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレット端末などのアプリ、グーグルサーチ、ソーシャルメディアなど様々なところで使われています。

 

 

1-1.デジタルマーケティングが使われているもの

デジタルマーケティングが使われている例は以下のものがあります。
・ウェブサイト
・ブログ
・インフォグラフィック
・インタラクティブ
・ソーシャルメディア(Facebook、LinkedIn、Twitter、Instagramなど)
・オンラインカバレッジ(レビューなど)
・オンラインパンフレット

 

 

1-2.デジタルマーケティングの戦略とは

ここでは、デジタルマーケティングで行ういくつかの戦略をご紹介します。

 

・検索エンジン最適化(SEO)
ウェブサイトの検索ランキングをあげることによって、より多くの人に見てもらえるようにします。

・コンテンツマーケティング
様々なコンテンツを使ったマーケティングで、ブランド意識を確立するために大変便利です。

・インバウンドマーケティング
インバウンドを利用したマーケティングで、オンラインコンテンツを使って、顧客をゲットします。

・ソーシャルメディアマーケティング
Facebookなどの様々なソーシャルメディアサイトを使って、あなたのブランドのプロモーションや、ブランドの確立をしていきます。

 

・クリック報酬型広告(PPC)
ウェブサイトに広告を出し、それがクイックされた分を払う方法です。このタイプで一般的なものは、Google AdWordがあります。

 

・Eメールマーケティング
Eメールを使って、割引やイベント情報を送る方法です。

 

 

2.デジタルマーケティングの優れている点

オフラインマーケティング(インターネットを使わないマーケティング)と、デジタルマーケティングを比べると、デジタルマーケティングの優れた点がわかりやすくなります。

 

 

2-1.オフラインマーケティングとデジタルマーケティングの違い

オフラインマーケティングの代表として、使われているのが新聞広告です。今まで新聞に広告を載せたことがある人は、その違いがはっきりとわかると思いますが、新聞に広告を載せると、何人の人が目を通し、興味を持ったのかを知ることは出来ません。一方、デジタルマーケティングでは、それをリアルタイムで確認することが可能です。

 

デジタル マーケティング

 

 

2-2.ウェブサイトにおける優れた点

デジタルマーケティングにウェブサイトを利用することによって、その閲覧数を確認することができ、さらに何ページ閲覧したか、何のデバイスで訪問したかなどの細かい情報も確認することもできます。

 

例えば、10%の訪問者は、オーガニック検索で訪れたとします。その結果から、もっとオーガニック検索を増やす必要があるということがわかります。そこで、戦略を検討すると、検索エンジン最適化(SEO)を行うといいことがいえます。(ご存知の方もいると思いますが、オーガニック検索とは、広告部分ではないところで検索されたものを言います。)

 

一方、オフラインマーケティングで、どのくらいの人が広告に興味を持ったか知るためには、セールスと顧客が直接コンタクトを取らない限り難しいのです。

 

 

2-3.コストにおける優れた点

新しいブランドの宣伝をするために、パンフレットをポストに投稿するオフラインマーケティングの方法があります。これは何人の人がそのパンフレットの内容を見て、興味を持ったかを、知ることはできません。もしかすると、見ずにゴミ箱に入れてしまったかもしれません。

 

一方、そのパンフレットをあなたのウェブサイトに載せるデジタルマーケティングの方法があります。そうすると、そのページを何人が閲覧したかを確認することができ、そこからフォームをダウンロードすることによって、興味を持った人が直接申し込みすることができます。

 

 

このマーケティング方法は、パンフレットをポストに投稿するコストを考えると、とても経済的だといえます。

 

 

3.デジタルマーケティングでは何のコンテンツを使うべきか?

デジタルマーケティングに使うコンテンツの種類は、あなたのビジネス背景によって変わってきます。顧客にふさわしい方法で始めることが大事です。

 

 

デジタルマーケティングのコンテンツを選ぶ時の注意:
1)利用している人の特徴を把握する
2)利用者は、どのようにコンテンツを利用し、どのように購入するかを把握する

 

 

コンテンツは、一つだけではなく、様々な種類のものを試してみるといいでしょう。ここで、デジタルマーケティングをする上でのステージを3つに分けて、それぞれどのようなコンテンツが効果的なのかを見てみましょう。

 

 

3-1.きっかけをつくるステージ

・ブログ投稿
検索エンジン最適化を高めるのに効果的です。オーガニック検索の順位を上げて、より多くの人に見てもらいます。

・インフォグラフィック
検索されやすくなります。ソーシャルメディアなどでシェアされやすくなり、多くの人にブランドを見てもらうきっかけを作ります。

 

・ショートビデオ

検索されやすくなります。そのことにより、新しいブランドをより多くの人に見てもらえるようになります。

 

 

3-2.考察ステージ

・電子書籍

電子書籍は、ブログやインフォグラフィックなどに比べると、さらに広範囲で閲覧可能です。そのため、より多くの情報を受け取ることができます。

 

・オンラインセミナー

ショートビデオよりも、さらに多くの情報を見ることができます。そのことにより、商品を購入しようと考えている人に、考慮するきっかけを作ることができます。

 

 

3-3.決定ステージ

・テスティモニアル
テスティモニアル(Testimonials)とは、商品やサービスに対する意見のことを言います。商品に興味を持っている人がこれらを確認することによって、商品購入を決定するきっかけを作ります。

 

 

4.デジタルマーケティングには大きな予算は必要?

予算はいくら必要なのか?マーケティングをする上で、予算は大きな問題になります。しかし実際に、デジタルマーケティングを行う上で、明確な数字を出すことは出来ません。予算は、そのマーケティングの大きさによって様々です。

 

一つ言えることが、すでにウェブサイトを持っていて、インバウンドテクノロジー、つまりソーシャルメディアや、検索エンジン最適化などに焦点をおくだけならば、それほど大きな予算は必要ないでしょう。

 

インバウンドマーケティングを行うには、質の高いコンテンツを作ることが必要です。それは予算だけではなく、時間もかけなくてはなりません。

 

 

まとめ

ここでは、「知らないと後悔する!デジタルマーケティングをあなたのビジネスに活用する方法」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

デジタルマーケティングは、あなたのビジネスを成功させるために、欠かせないものになるでしょう。現在あまり有効的に利用していないのなら、こちらで紹介したことを参考にして、新たなチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

Have a nice movie!!

 

無料EBook:世界一簡単な”YouTube”の教科書 2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

 

動画で集客を始めてみたいけど、YouTubeは難しそうだなぁ。

きちんと学んだことがないなぁと不安に思っていませんか?

 

本書は弊社やクライアント様がYouTube動画集客に取り組み

・とても簡単にYouTubeチャンネルをつくる方法
・チャンネル名を自由に変える方法
・YouTubeチャンネルの登録者を簡単に増やし、より多くの人に動画が見られるようにする方法をお伝えしております。

是非、貴社の動画マーケティングにもご活用下さい。


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事