マーケティングに使えるインパクトがある10個の画像をご紹介!

ここでは海外の記事を元に、皆様に最新情報をお伝えします。

 

この記事は、こちらを元に作成しています。

http://www.jeffbullas.com/2016/05/06/10-powerful-visuals-will-pump-content-marketing/

 

マーケティングを行う上で、インパクトのあるサイトを作ることは、とても大事なことです。インパクトがあるサイトとは、他のサイトに比べて、何か違うものがなければなりません。

 

 

そこで、他のサイトと違うとてもインパクトがある画像を使うことによって、より人の目を惹きつけるようになるのです。

 

 

このように、人を惹きつけるような画像を使うことによって、あなたのサイトのイメージは大きく変わります。しかし、あなたがプロのグラフィックデザイナーでなくてもご安心下さい。

 

 

ここでは、プロのデザイナーでなくても、しっかりと人を惹きつける画像を生み出す方法を見ていきましょう。

 

1.人が行動をしたり、リアクションをしている写真

シンプルに、人が行動をしたり、リアクションをしている写真は、人の目を惹きつけます。そのような写真を目にすると、人は目をとめてその写真に興味を持ちます。

 

そこで、この原理を利用して、サービスや商品をもっとインパクトがあるものにしたいと考えているのなら、その商品やサービスを使っている写真を取り入れることがお勧めです。このような写真は、その商品やサービスに、直接興味を惹かせる効果があり、大きなインパクトを与えることができます。

 

 

わかりやすい例として、下の「Elite Daily」が使っている写真があります。こちらは、「朝の時間をもっとシンプルに実りのある時間にする」というタイトルがついていますが、この写真を見ると、言いたいことがイメージしやすくなっていて、どのような内容なのか、もう少し詳しく見てみようと思わせるような写真になっています。

 

インパクト 画像

 

出典元: http://www.jeffbullas.com

 

2.グラフや図形を使う

説明する内容によっては、言葉で言い表すことが難しい場合があります。そこで、グラフや図形などを使うことによって、一目でわかりやすいものになる他に、インパクトも与えることができます。

 

 

例えば、調査結果などは、言葉で言い表すよりもグラフや図形を使うと、とてもシンプルに伝えることができます。さらに、グラフや図形のデザインや使い方などを工夫することによって、インパクトを与える記事に変わります。

 

また、グラフを作るのはプロのデザイナーでなくてもいいのです。最近では、簡単にグラフを作ることが出来るソフトがたくさん出ていますので、それらを使えば、簡単にグラフや図形を作ることができるのです。

 

 

それらのソフトは、デザインを重視するものや、シンプルに使えるものなど様々なタイプがあるので、自分にあったものを選ぶことができます。

 

3.会社のイメージを維持する

ビジネスでは、常に会社のイメージを維持していかなくてはいけません。あなたのブランドは、親しみやすいイメージですか?それともクールなイメージですか?どちらにしても、あなたのサイトやソーシャルメディアなどは、その雰囲気を意識して作らなくてはなりません。

 

 

プロフィールを見たときに、ユーザーは、そのイメージや文章の言い回しを期待しているのです。うまく会社のイメージを利用した画像を使うと、よりインパクトを与えることができます。

 

4.面白みがある画像を取り入れる

多くのマーケティングサイトを見ると、似たようなものが多く、面白みにかけてしまいます。そこで、メンバーのために、たまに他のサイトとは一味違う面白い、ユニークな画像を使うことをお勧めします。

 

 

いつもかたぐるしい画像ばかりではなく、たまには少しくだけた画像を使って、メンバーが退屈しないようにしましょう。

 

インパクト 画像

 

5.休暇を楽しむ写真を使う

あなたのサイトに、たまには楽しそうな休暇の写真を取り入れてみましょう。サイトに載っているのは、いつもかしこまった事柄や、グレーのスーツだけでは、面白くありません。仕事にはブレイクが必要です。

 

 

そこで、かたぐるしい写真を一転するような、仕事外の思いっきり楽しそうな、休暇中の写真を使ってみましょう。ユーザーは、そんないつもと違った一面をみることによって、目をとめることでしょう。

 

6.トレンドにのって自撮り写真を使う

自撮り写真は今や、ソーシャルメディアでは欠かせないものとなっています。最近話題のアプリ「Instagram」では、約3億人が自撮り写真を投稿しています。

 

 

そんな自撮り写真が人気なのは、楽しく、魅力的に自分自身を取ることが出来るところだけではなく、それを見るユーザーからも、好まれている傾向があります。そんな自撮り写真は、大きなインパクトを与えることが出来る写真の一つです。

 

インパクト 画像

 

7.人気映画やテレビ番組の画像を取り入れる

有名な映画や、テレビ番組などの話題をサイト内ですることによって、ユーザーにインパクトを持たせる働きがあります。誰もが話題にしているような画像を使うことによって、このサイトでは、この話題に対してどのようなことを言っているのかと、興味を持たせることが出来るのです。

 

 

そのため、誰もが知っているような画像を取り入れて、ユーザーの目を惹きつけましょう。

 

8.手書きの画像を使う

手書きの画像を取り入れることによって、他の画像に比べてより目立つものとなります。ウエブサイトを見ると、同じような画像がいろいろなところで使われていることがあります。そこで、全く新しいオリジナルの手書き画像を使うことによって、他にはない、目を惹く注意深い画像となるのです。

 

最近では、手書きのデザインを簡単に作成することができるソフトがたくさんあるので、そのようなソフトを使って挑戦してみましょう。

 

 

手書きの画像は、プロのデザイナーが描いたような画像でなくてもいいのです。ユーザーは、プロの優れた画像でなくても、十分に満足できるのです。

 

9.インフォグラフィックを使う

インフォグラフィックとは、情報やデータなどを視覚的に表現したものを言います。例えばインフォグラフィックは、一般的に標識や地図などで使われています。

 

文章では伝わりにくい事柄も、絵を見ることによって一目でわかるようになります。逆に言うと、視覚のインフォメーションを使うことによって、より文章を目立たせる働きもあります。インフォグラフィックを使うことによって人々は、画像を楽しみながら、記事を読むことが出来るのです。

 

 

また、「Piktochart」というインフォグラフィックが簡単に作れるアプリがありますので、うまく活用すると、よりスマートに画像を作ることができます。

 

インパクト 画像

 

10.とても綺麗な景色の画像

綺麗な景色は、いつも私たちを幸せにしてくれます。綺麗な画像をユーザーが机の上でふと目にすると、きっと心が休まることでしょう。

 

 

しかし、景色の画像はどれでもいいわけではありません。その画像で使われている色合いや、明るさなどによってその感じ方が変わってきます。あなたは、どのような景色がお好みですか?伝えたい雰囲気の画像をうまく使って、人の目を惹きつけるサイトにしましょう。

 

インパクト 画像

 

まとめ

ここでは、「マーケティングに使えるインパクトがある10個の画像をご紹介!」を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

あなたのサイトにインパクトを与える画像をご紹介してきましたが、うまくユーザーを惹きつけるような画像は、見つかりましたか?こちらで紹介したような画像をうまく取り入れて、人の目を惹きつけるような魅力的なサイトを作って下さい。

 

 

みなさんも動画づくりの参考にしてください。

 

 

Have a nice movie!!

無料eBook2冊プレゼント!

1冊目:図解を見ながら10分で完成!
魅力的なYouTubeチャンネルのつくり方

 

 

2冊目:驚くほど動画が見られるようになる!
YouTubeチャンネル登録者をカンタンに増やす秘策

 

 

動画もYouTubeもハードルが高い…。

そんな不安を解消するYouTubeの教科書!

 

世界一かんたんな動画集客をスタートしましょう!


          GenShinGothic-P-Heavy

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事